NLPを学ぶことで人生が変わる理由とは?



NLPプラクティショナーを学ぶことで、
人生が変わった、より結果が出せるようになりました、
本当に学んでよかったですなど、


人生がより良くなるケースは多々あります。
そして、それは偶然ではなく理由があって変化が起きています。
もちろん、目に見えない何かがあるかもしれませんが、
NLPを学ぶことで、心との向きあい方、扱い方が変わるため、
人生全般で結果が変わってきます。


では、具体的な話に入ります。


まず、一緒に認識したいことは、
心の在り方・使い方・ケアの仕方で人生は180度変わるということです。



例えば、
・気持ちがマイナスに向いているのか、プラスに向いているのか
・罪悪感や葛藤に苦しんでいるのか、常に心のケアができているのか
・過去に執着しているのか、今に意識を向けているのか


など、心の状態は私達の思考・感情・行動・反応に影響を与えています。
また、NLPプラクティショナーを学んでいくとイメージしやすいのですが、
ビリーフやセルフイメージが人生を大きく左右しています。


そして、心の状態から、ビリーフやセルフイメージにも影響があります。


では、NLPを学んだ方が、どうして変化していったのか?
ということですが、それは、NLPのもとにある物語に
目を向けると分かりやすいくなります。


何かといいますと、NLPとは、もともとはセラピーの手法から生まれています。
そこには、明確に裏付けられた心との向きあい方、作用、ケアの仕方、
ビリーフやセルフイメージの書き換え方、強化の仕方、心の癒し方など、
方法や方法の裏にある考え方がしっかりとあります。


ですので、NLPを学ぶことで人生に変化が起きてきます。
(ただし、実践することが前提にあり、重要です)


NLPでマイナスの要素を取り除く



NLPの内容について、お伝え致します。


実は、知っていただきたいものがあります。
それは、あなたの可能性を止めている要素を取り除くことができます。


具体的には、あなたが望んでいる結果に向かう際に、
実はあなたの成果や可能性を止めている様子があります。


止めている要素で分かりにくい場合は、
次のような言葉に変換することもできます。

・邪魔するもの
・ブレーキ
・足を引っ張るもの

などです。


そして、このマイナスの要素は無意識にあなたに影響を与えています。
ですので、このマイナスの要素を取り除くことで、あなたの成果は上がります。
なぜならば、止まってしまっていた、本来手にするはずの成果を
得ることができるからです。


NLPを学ぶことで、結果が出るのはそういうことです。

例えば、ある経営者さんは、自信をお持ちで結果も出したいますが、
もっと結果を出せるはずだけど、社員さんが自分の意識を汲み取って
くれないと話していました。


しかし、NLPのコミュニケーションスキルを学ぶことで、
自分のコミュニケーション能力の低さが、社員さんに伝わらない
原因であると気づきました。


あるいは、コミュニケーションのようなスキルではなく、
心理的な止めているブレーキも、NLPでは扱っていきます。
あなたの不安や怖れ、間いなずのイメージ、ビリーフや
セルフイメージを変えていく方法を体験しながら学びます。


では、あなたが抱えているブレーキをどのように外していけばいいのでしょうか?
その為には、あなたのブレーキを知ることです。


NLPでは、その上であなたにとって適切なワークや方法を選択できるように、
いろいろな可能性を学んでいきます。そして、結果的に人生に結果が出てきます。





未来の自分をモデリングする



もし、今のあなたと未来のあなたのギャップを埋めることが
できたとしたらいかがでしょうか?


それだけで、精神的にも、現実的にも随分と楽になります。
そして、それができたとしたら、「もっと早く知りたかった」と
思うことでしょう。


事実、NLPを学んでいき、モデリングというスキルを使うことで、
思考・行動・感情・反応・習慣・姿勢などが変わっていき、
目標達成や願望実現をして言っている人はたくさんいらっしゃいます。



一つ、あなた自身にしてみてほしい質問があります。
NLPのモデリングをある使い方をする時に行う質問です。


「もしも、未来の望んでいる状態を手に入れているあなたから、
 今の自分にアドバイスをするとしたら、どのようなアドバイスをしますか?」

この時に、事細かくあなたが未来の幸せに結果を出しいる自分に
いろいろと聞くこともできます。事細かく、深掘りしても大丈夫です。



こうして、未来の自分からのアドバイスを実行します。
実行しながらも、NLPのモデリングを使い、未来にあなたに
なりきって過ごします。


そして、迷うことがあれば、NLPのアズ・イフフレームを使います。
NLPのアズ・イフフレームとは、「もしも」という言葉を使い
発想しやすい状態を作ります。



例えば、
「もしも、未来の幸せな自分なら、どんな◯◯だろう?」

◯◯の中には、あなたがの聞きたいことや課題を入れていきます。
そうして、未来のあなた像を明確にして、それをモデリングします。



やるとやらないでは全く違います。未来に向けて、
どこに目を向けるかも変わってきます。それくらい有意義な
NLPのスキルが、モデリングやアズ・イフフレームなのです。


自分の感情を癒すことで、人生を信頼出来るようになる



あなたは、人生を信頼していますか?


今回は、NLP資格のセミナーで学ぶ肯定的意図の話に関連しています。
肯定的意図は、あなたの思考、行動、感情などには、全て、
あなたをより良くするための肯定的な理由として存在しています。


そして、私たちが人生を信頼したいと考えた時、
多くの方は、自分の人生を信頼できていないと
話して下さいます。


それはどうしてだと思いますか?


何が止めているのでしょうか?
もしくは、何が邪魔をしているのでしょうか?


実はここには理由があります。



あなたがあなた自身やあなたのの人生を信頼できない時、
そこには、未解決の感情がおがあります。


しかし、NLPの肯定的意図を知ることで、そこには、
何か意味があります。ですので、あなたが癒しきれていない
感情を癒していくことで、信頼できなかった理由を取り除く
ことになります。


その結果、あなたはあなた自身やあなたの人生を信頼出来るようになります。


NLPを通して、このプロセスを経験しますと、
あることが起きてきます、それは、自身や人生を信頼すること
ができるようになると、意識や反応、行動が変わります。


ですので、あなたが望んでいる結果に対して、
今のあなたのベストな思考や感情、行動を行うことができます。
そして、結果的に、望んでいる目標を手にすることができます。


ですので、あなたが目標を手にするのを「を止めているもの」
に目を向けて、それを癒し、改善して行きましょう。


NLPの肯定的意図とは、その為のスキとして、使うことができます。


出来事から多くのことを学ぶ方法



NLPを学ぶことで、自分との関わり方に変化が起きます。


NLPセミナーを学んでいくことで、次のことを教わることができます。
「脳は質問に答える」という性質がある。


例えば、イメージしていただくとわかりやすいのですが、
友達や家族に、なにか質問をされたとします。その時に、
なんと答えますか?


質問に対する、あなたなりの答えを伝えると思います。
ここで脳の機能について学ぶことができます。


突破的な質問、意外性のある質問、考える必要のある質問など、
どんな状況で、どのような質問が来ても、一度考えてしまいませんか?
それが、脳の機能なのです。


NLPを学ぶことで、自分自身との関わりが変わるとは、
脳の性質の理解と、自分に対する質問が変わるからです。
その中の一つの質問が、出来事に対する解釈の質問です。


「この出来事には、どのような意味があるのか?」
「この出来事が、必要があって起きたとしたら、どのような意味があるのだろうか?」
「この体験や経験の中には、どのようなメッセージがあるのだろうか?」


などの質問をすることで、受け取れるものがたくさんあります。
まずは、一度試していただくことで、何かをお感じになるか、
何かに気づくことができます。


コツは、リラックスしている状態で、先ほどの質問をすることです。
その結果、今までは受け取る事のできなかった大切な何かに
気づくことができ、思考や行動が変わるかもしれません、


そして、出来事からのメッセージを受け取れるようになることは、
現実を受け入れやすく、流れに乗りやすく、腎性を信頼しやすくなる
という効果があります。


NLPに直接関係する内容ではありませんが、ご参考になれば幸いです。


その行動には意味(理由)がある



例えば、あなたが望んでいない行動をするとします。
本当は、部下の方を怒鳴りたくないのに、必要以上に怒って、
さらに怒鳴りつけているなどです。

実は、NLPを学んで行くと分かってくるのですが、
そこにはNLPでいう肯定的意図が存在しています。

肯定的意図とは、それを行なう理由です。
仮にあなたが、この件では部下のことを怒らないでおこうと
考えたとします。それでも怒ってしまったとします。

そこには理由があります。
その行動をとることで、あなたが満たされる何かがあります。
それを明確にすることが出来るのが、NLPの肯定的意図のワークです。

次のように行ないます。
一つ、あなたにとって望ましくない行動や習慣を選びます。
そして、選んだ肯定的意図や習慣に対して、語りかけます。


「その行動を取ると何が得られますか?」
「その行動を通して何を教えようとしていますか?」

NLPの肯定的意図のワークは、行動に潜んでいる肯定的な
目的を探るためのワークです。先ほどの質問をして、出てきた答えに
さらに質問をしていきます。結果的に、NLPでいう肯定的意図を
見つけることが出来ます。

そう考えると、行動には目的があります。
ここで大切な事は目的を満たすために行動を起こしているわけですが、
目的を満たすためには、他の方法もあるということです。


NLPでいう肯定的意図を明確にして、別の方法で目的を満たす。
それには、次のような意味はあります。

極端な例で申し訳ないのですが、お金を稼ぐことで、
安心感を得たいと考えたとします。その時に、人から奪う
方法を取ることも出来ますし、働いて稼ぐことも出来ます。

つまり、NLPでいう肯定的意図の満たし方は、
たくさんあるということです。

まずは、あなたの肯定的意図(目的)を知ることから
変化を起こすことができます。もしも変えたい行動がありましたら、
肯定的意図を明確にして、別の満たし方をしていくことができます。


NLPとは道具で活用するもの




NLPとは、道具です。

そして、継続的に使うほどに素晴らしい道具になります。
今回は、道具としてのNLPについて一緒に考えていきましょう。


まずは、NLPの代表であるコミュニケーションに関してです。
コミュニケーションに関しては、常に使うことで、今まで以上に
人間関係が豊かになっていくことと思います。


では、イメージワークでセルフイメージの
向上についてはどうでしょうか?


チェイン・プロセスなどのタイムラインを活用した
NLPのイメージワークを行なうことは好ましいと言えます。


使うほどに、意味お客様のあるテクニックであり、ワークです。
ただし、使いすぎも考え方によっては危険です。


一体どういうことでしょうか?


例えば、アファーメーションを例にとると分かりやすいです。
作家の本田健さんいわく、アファーメーションのやり過ぎは、
潜在意識に、今は満たされていないことを何度も宣言しているような
ものだと話をされていました。


ですので、一回でいいとお話されていました。
ただし、言葉のニュアンスはお伝えしましたが、
言葉そのものには違いがあるかと思います。


その点、ご了承下さい。


この視点で考えると、頻繁にタイムライン系のワークをやる際は、
自分のメンタル的な状態に、目を向け置く必要があります。


恐れや不安の中でタイムラインをしているのか?
喜びや期待の中でタイムラインをしているのか?


それぞれ実際に、NLP資格のセミナーで学ぶタイムラインをやった時、
どう感じているのか?も大事です。


もしかしたら、心の中にある、不安や恐れを先に取り除いたり、
葛藤を解消する方が先の方がいい時もあるのです。


NLPとは、使う前の心理状態と、使った時の心理状態に
ペーシングしながら実践することも、効果を出す活用方法になります。


自己一致で自己信頼度を高める




自分の内面と外側はつながっていますか?


NLP資格のセミナーでは、自己一致といっていますが、
自分が思っていることや考えたことと、行動を一致させます。


そして、この場合のポイントは自分が望んでいる自己像と
現実の行動を一致させることを話してくれています。


実はこの部分が大切なのですが、
自分の人生を信頼するには、無意識とのラポールが必要です。


逆もあります。
自分の無意識とラポールを築くには、
自分を信頼することが大切になります。


その為にはどうしたら良いのでしょうか?


それはあらゆることを一致させる習慣をつけることです。


・NLPでいう信念や価値観とそれに基づいた行動を一致させる
・自分で決めた行動を実際に行動する
・望んでいるイメージと現実の行動の一致


このように、内面と外側を一致させることで、
その行動が証拠となり、無意識に強くインプイット
することができるようになります。


そのくり返しが新しい自己概念や自己像をつくりだしてくれます。


NLPでいう無意識とのラポールの築き方の
一つはそこにあります。


ですので、まず身近な所でできることから
はじめていきましょう。


意識的に思ったこと、イメージしたこと、
言葉にしたことを、現実の行動と一致させて行きましょう。


その繰り返しの中で、NLPのラポールを、
自分の無意識と築くことができるのです。


そして、NLPのラポールを無意識と築くのならば、
意識的に、自分の心や身体を大切にすることです。


心と身体のメンテナンスをお忘れなく。


過去に向きあうことが一番の可能性の向上




NLPとは、私たちの過去にある未解決の
わだかまりや問題にもフォーカスする機会をくれます。


もちろん、機会をくれるだけでなく、
その為にどうしたら良いのかも教えてくれます。


では、せっかく前回の話でNLPでいうリソースの
話が出ましたので、別の角度からリソースを
見出して行きましょう。


結果的には、根本では似たこととですが、
リソースを求めて行きましょう。


結論ですが、自分の過去に向きあうことで、
多くのリソース、影響力のある資質を
受け取ることができるようになります。


それは以前にお話しした肯定的意図にも
関係してきますが、まずはシンプルに
自分が普段目を向けていない部分に目を向ける。


ここが重要です。


目を向けていないことが、自分の事なら
尚更大切です。実は解決することで、
人生が変わるくらいの影響を持っている
課題が潜んでいることは多いです。


例えば、NLP資格のセミナーにいらっしゃた
女性ですが、自分の事があまり好きではなかった
とお話をされていました。


しかし、NLPを学びにいらしたときには、
自分でビジネスをされていました。
美容業界です。経営はうまくいっています。


しかし、大切な事があります。
小さい頃に満たされていない自己重要感が
あります。この部分が現在の課題になっています。


NLPでいう自己重要感を満たしていなくても、
人に与えることは出来ます。しかし、自分も
満たされた方がうまくいくことも多いです。


つまり、自分の中に見解決の問題があり、
過去に向きあうことで、クリアすべき課題
が見えてきます。


その課題をクリアした時に、とても素敵な
リソースが手に入るのです。


それは、無意識との信頼関係を築くことにも繋がります。


過去からリソースを引き出す




忘れていませんか?自分の過去を


本当はもっとNLPでいうリソースをたくさん持っているはずです。
そして、素敵なリソースとして、未来に向かって使える内容です。


本当に自分にそんなものがあるの?


しかし、あるのです。
NLP資格のセミナーでは、自分のアッコと向きあうワークがありますが、
自分の見方を変えるだけで、それがマイナスでなくリソースになること。
それについては前回お話しましたが、大切なポイントです。


それ以外に、忘れているもの、
意図的に手放したものがリソースになるケースもあります。


事実とは違う記憶のヒモ付を行って、
手放すケースもあります。


すこし見方を変えると、
NLPを大阪で学んだ男性の例が分かりやすいです。


気分が悪い時に、ポテトチップスをむちゃ食いされた経験が
小さい頃にあったそうです。


その結果、体調を崩しました。
NLPでいうアンカリング効果が出てしまいました。


ポテトチップスと体調不良が結びつき、
それ以降は10年近く、ポテトチップスを食べなかったそうです。


NLPでいうアンカリング効果です。
10年後、久しぶりに食べてみたポテトチップスは
非常に美味しかったそうです(笑)


お伝えしたいことは、
何か事実とは異なる関連付けのまま、
手放しているリソースが存在しているということです。


NLPを大阪で学んだ男性は、
営業時代に培ったコミュニケーション能力を
営業を辞めると同時に手放しました。


厳しい日々の記憶と一緒に手放しました。
しかし、NLPのワークで過去を振り返った時に、
実は自分のリソースだったと気づきました。


まとめです。あなたが思いこみで手放してしまった
リソースは何でしょうか?